マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」

マカオのカジノ業界が堅調に推移している。香港に上場するマカオカジノ各社の2018年6月中間期決算が大方出そろい、大半が増収増益を記録した。マカオを訪れる旅行者数とカジノ収入の伸びが業績に反映された形。直近で過熱する米中貿易摩擦も下半期(7~12月)の業績に影響しない…

関連国・地域: 中国香港マカオ米国
関連業種: 運輸サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サイバーセキュリティー事案、18年は55%増(13:58)

ぜいたく品購入意欲衰えず 景気悪化も、香港・本土とも旺盛(01/24)

周大福の19年3月期、既存店売上高は伸び予測(01/24)

マカオの18年旅行者、過去最高の3580万人(01/24)

カジノ収入、4Qは9%増=VIP伸び鈍化(01/24)

永安旅遊、18年業績は「過去6年で最良」(01/24)

マカオ空港旅客数、19年は870万人目標(01/24)

新ETC導入へ、全トンネル・道路に=政府(01/24)

テマセク、スタンチャートへの圧力強化か(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン