農作物商社オラム、4~6月期は36%減益

三菱商事が17.5%出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルが14日発表した第2四半期(4~6月)決算は、純利益が9,400万Sドル(約75億8,250万円)となり、前年同期から36.4%減少した。コーヒーの需要減退やピーナツの不作、食用油の収益縮小などが響いた。…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のシンガポールで暮…(11/22)

貿易摩擦激化で生産移管も 在中日系企業など、6割超が懸念(11/22)

雇用法の改正案が国会通過、来年4月施行(11/22)

中国は内需向け、ASEANは外需向けに 池部亮・専修大准教授(11/22)

7~9月期GDP、下方修正か=ロイター調査(11/22)

中国の工場はそう簡単には移転できない 蔡冠深・香港中華総商会会長(11/22)

カザフスタンと2国間投資協定を締結(11/22)

企業景況感、7~9月期は全項目で悪化(11/22)

世界人材ランク13位、香港抜いてアジア首位(11/22)

訪日シンガポール人、10月は9%増(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン