泰緬鉄道を世界遺産に=日本人の感情忖度も

【バンコク共同】第2次大戦中、旧日本軍がタイとビルマ(現ミャンマー)間に建設し、映画「戦場にかける橋」でも描かれた泰緬鉄道を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録する動きがタイで始まっている。だが親日国タイでは日本人の感情を忖度し、国際的に知られてい…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人が大学の卒業式に…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

8月の輸出7%増、貿易摩擦の影響は限定的(09/24)

輸入セメントの緊急制限も 5年で急増、越中泰3カ国で(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

ビューソニック、プロジェクター3製品拡販(09/24)

フォードに賠償命令、集団訴訟で初判決(09/24)

8月の二輪登録台数、6%増の15.7万台(09/24)

物流ワイス、中ASEANの越境輸送を強化(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン