• 印刷する

タイ流通のマクロ、シエムレアプに新店舗

投資認可当局のカンボジア開発評議会(CDC)は、タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下のサイアム・マクロが北西部シエムレアプに国内2カ所目の卸売店を建設する投資計画を承認した。投資額は1,900万米ドル(約20億9,400万円)。

プラサットバコン地区に新たな店舗を設ける。179人の雇用創出を見込む。マクロは2017年12月、首都プノンペンにカンボジア1号店の卸売店を開業した。

クメール・タイムズによると、米系不動産サービス会社CBREカンボジアのアソシエート・ディレクターを務めるジェームス・ホッジ氏は「シエムレアプは急成長を続けており、消費者の需要に応えるマクロのような企業の進出が必要だ」と話した。「マクロとの競争で、既存店のビジネスも近代化される」とも指摘した。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】きしむ現場、予算が不足 砂上の教育(上)教員育成道半ば(06/26)

上場5社の利益率、2018年は最大40%(06/26)

首都浄水場建設、欧州投資銀が1億ドル融資(06/26)

ネクストシフト、農家向け小口金融に融資(06/26)

タイ40社が投資会議に参加、提携先を開拓へ(06/26)

シアヌークビルのビル倒壊、観光に影響せず(06/26)

【ASEAN】激震が走るスリランカのファイナンス業界(06/26)

タイ首相、成長持続へ5カ国の連携呼び掛け(06/26)

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン