バングラ外相の訪緬が終了、難民帰還は未定

バングラデシュのアリ外相は12日、4日間のミャンマー訪問を終えた。昨年11月に合意した、バングラデシュで難民生活を送っている少数民族ロヒンギャの早期帰還を実現する目的で西部ラカイン州を視察したが、具体的なスケジュールについてミャンマー側と合意に至らなかった。ミャン…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中銀が無担保ローン認可 利率16%、焦げ付き増える懸念も(01/17)

10~12月貿易額、赤字9.5億ドルに縮小(01/17)

投資サミット、首都で28~29日に開催(01/17)

マンダレー、昨年の火災被害額は3千万円超(01/17)

政府、安全基準満たすヘルメットを輸入へ(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

ミャンマー、雲南省2カ所でビザセンター(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

国連など、ラカイン州への支援許可を要請(01/17)

ロヒンギャ解決の糸口見つけたい、阿部副大臣(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン