ブルースコープ、国内好調で13年来最高益

オーストラリア鉄鋼最大手ブルースコープ・スチールは、13日に発表した2017/18年度(17年7月〜18年6月)決算で、税引き後実質純利益が15億6,900万豪ドル(約1,258億8,000万円)と、前年度比119%増となったことを明らかにした。鉄鋼価格の回復を受け特に国内の鉄鋼部門が好調で…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人の子どもが最近学校…(09/24)

中小企業の法人減税前倒しへ 豪モリソン政権、選挙見据え(09/24)

貿易紛争の激化で豪経済は縮小=RBA分析(09/24)

北部ガスパイプライン、サントスが利用契約(09/24)

独企業、QLDで廃棄物利用の発電所を提案(09/24)

下水処理水を飲用に、UNSW教授が提案(09/24)

キャセイ、豪カンタス航空と共同運航(09/24)

香港不動産ESR、プロパティリンク買収か(09/24)

日豪米、パプアのネット網構築に巨額出資も(09/24)

サンコープ、利益優先で証券委の警告無視(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン