政府、新法成立へ翡翠・宝石政策を策定

ミャンマー政府は、国内初となる翡翠(ひすい)や宝石に関する政策を策定している。翡翠・宝石業界に一貫性のある指針を示すほか、公平なビジネス機会の創出や国民の利益の保護を目指す新宝石法の成立に役立てるのが目的。ミャンマー・タイムズ(電子版)が13日伝えた。 政策案は…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

第1四半期のFDIは低調 8億ドル、通年目標の14%(01/23)

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

12月のインフレ率、6.86%で昨年最高値(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

カチン州で3大臣更迭、スーチー氏が命令か(01/23)

食用油協会、製油所の食品局認可取得を支援(01/23)

ヤンゴン管区の交通違反、18年は3.5万件(01/23)

マンダレー宝石展示会、成約額は5千万円(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン