4~6月期のGDP3.9%増 通産省、下振れリスクを懸念

シンガポール通産省は13日、2018年4~6月期の国内総生産(GDP、改定値)が物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3.9%増加したと発表した。速報値の3.8%増からわずかに上方修正した。ただ1~3月期の4.5%増からは伸びが鈍化している。今年通年は、2.5~3.5%増とする従来…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国土の狭いシンガポール…(03/25)

JR東日本がお花見イベント 鉄道と桜を組み合わせてPR(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ドンドンドンキ4号店、ノベナで5月開業(03/25)

家電販売チャレンジャー、上場廃止へ(03/25)

静岡県、テマセクポリテクと農業研究で協力(03/25)

ジュロン駅で手荷物検査、来月5日実施(03/25)

港湾PSA、18年は増収減益(03/25)

水道庁、ハイフラックスの淡水化施設接収も(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン