• 印刷する

肥料ディーパク、生産増強に530億ルピー

インドの肥料大手ディーパク・ファーティライザーズ&ペトロケミカルズ(DFPCL)は、生産能力の増強に530億ルピー(約850億円)を投じる計画だ。サイレシュ・メータ会長の話として、ビジネス・ライン(電子版)が9日に伝えた。

イソプロピルアルコール(IPA)とトレオース核酸(TNA)の増産に235億ルピー、アンモニア関連施設の増強に295億ルピーを投資する。それぞれ需要増への対応、下流部門の下支えを目的とする。

ディーパクが同日に発表した2018/19年度第1四半期(18年4~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比74%増の222億6,000万ルピー、純利益が8%増の3億6,000万ルピーだった。工業用化学品の需要拡大が大幅な増収に寄与した。


関連国・地域: インド
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド企業が技術協力す…(12/18)

5年内に電力需給逼迫の懸念 業界は石炭発電増強の必要性指摘(12/18)

太陽光の送電費免除に制限、開発業者が異議(12/18)

自動車業界、税還付による買い替え支援要請(12/18)

独高級車メーカー各社、7月以降に販売低迷(12/18)

タタ傘下の英ジャガー、数千人削減か(12/18)

中国製通信機器、印の関連機関も規制を要求(12/18)

ボーダフォンの税還付督促、高裁が却下(12/18)

携帯マイクロマックス、南ア市場に参入計画(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン