• 印刷する

テイクオフ:「奥さんの住所の前に中…

「奥さんの住所の前に中国と書いてください」。今年の春、日本で婚姻届を提出する際に、自治体の職員から言われた言葉である。妻がまだ若いその男性職員をにらみつけて不満を露わにすると、職員は申し訳なさそうに「すみません、小さくて構わないので」と一言。大きさの問題ではないような気がしたが、妻はしぶしぶペンを手に取った。

台湾を国家承認する国は8月現在で、わずか18カ国。世界に羽ばたく台湾人のほとんどは、書類上は「中国人」にならざるを得ず、幸せいっぱいなはずの登記の前にも、自身のアイデンティティーに対する踏み絵のような儀式が待ち受ける。

役所を出ると、満開の桜と春の陽気の中、上機嫌だったはずの妻の眉間には深いしわが。「仕方がないよ」と妻に声をかけたが、台湾人が不満顔すら見せなくなった時、台湾の声は残る18カ国にも届かなくなる気がした。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

少子化対策に労働時間削減を、林総経理の提言(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

パネル産業は「供給過剰で苦境」、PIDA(12/14)

遠伝、5Gのパイオニアチームを発足(12/14)

晟徳、バイオ・医療創業プラットフォーム設置へ(12/14)

京華城の入札不調に、応札者現れず(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

台電、台北市松山区の住宅地を再開発(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン