欧米などのブチルゴム、AD措置を正式決定

中国商務省は10日、米国と欧州連合(EU)、シンガポールから輸入されるハロゲン化ブチルゴムに対し、反ダンピング(反不当廉売、AD)関税を課す最終決定を発表した。3カ国・地域の製品にダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと判断した。税率は23.1%~75…

関連国・地域: 中国-全国シンガポール米国欧州
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地方政府の鉄鋼輸出補助金、規制を指示(12:43)

テイクオフ:もう20年以上前の話だ…(08/22)

台湾とエルサルバドルが断交 国交17カ国に、中国が金銭で圧力(08/22)

対中関税で価格上昇懸念、公聴会で反対意見噴出(08/22)

上半期2桁成長は貴州省のみ 各地GDP、伸びの鈍化傾向鮮明(08/22)

モバイル決済、2Qは73%増=人民銀(08/22)

中国当局が環境検査、台湾PCB各社に影響も(08/22)

電子サーテック、海外2社の買収を計画(08/22)

通貨チャットやや回復、再輸出の一時停止で(08/22)

米中貿易協議「期待せず」、トランプ氏(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン