• 印刷する

テイクオフ:車両の交通量が多いこと…

車両の交通量が多いことからジャカルタの空気が汚染されていることは長く問題視されてきたが、最近になって特にひどくなったと聞く。言われてみれば確かにスモッグが濃くなったように見え、外を歩いた後は肺に違和感を覚える気さえする。車社会で運動不足になりがちだが、呼吸器疾患になるよりはましか。

大気汚染指数「AQI」は100を超えると健康に悪影響が出るとされており、東京はおおむね50程度でぎりぎり「良好」な状態。これに対してジャカルタは多くの地域で150を超え、時間帯によっては200近くになるところもあるようだ。

会うなりそんな話題を振ってきた友人は「とても外を歩けない」とこぼしながら、たばこに火をつける。主張はもっともだが、汚染原因の微小粒子状物質「PM2.5」はたばこの煙にも含まれる。健康の秘けつはもっと身近なところにあるのでは。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小欄ではインドネシアに…(01/16)

トヨタとダイハツが新モデル 小型MPV、競争市場に投入へ(01/16)

EVの奢侈税50%軽減へ、大統領令で(01/16)

18年二輪車出荷台数、4年ぶり700万台突破(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

洗車の王国、インドネシアに1号店(01/16)

18年貿易収支、4年ぶり赤字転落で過去最大(01/16)

外国人就労者数、9万5千人に=労働省(01/16)

スラウェシ鉄道の側線建設、国営PPが落札(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン