ミャンマーとバングラ、難民早期帰還を確認

【ヤンゴン共同】ミャンマーの首都ネピドーで10日、チョー・ティン・スエ国家顧問府相とバングラデシュのアリ外相が会談し、ミャンマー西部ラカイン州の少数民族ロヒンギャがバングラデシュに大量に難民として流入した問題で、早期の帰還を目指すことをあらためて確認した。ミャン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

エヤワディ、外国投資の誘致強化へ税優遇(12/10)

日本語教師の育成講座開設、訪日増見据え(12/10)

インド大統領、10~14日にミャンマー訪問(12/10)

MSHのインター校、19年半ばに開校(12/10)

バゴー管区政府、卸売市場を新設へ(12/10)

国内の報道の自由度低下、情報相が否定(12/10)

豪華船シルバーミューズ、ティラワに寄港(12/10)

帰還計画「自発性を無視」、難民支援の邦人医師(12/10)

軍の名誉毀損で禁錮6月、活動家3人(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン