ofoが正念場、海外市場から相次ぎ撤退

中国自転車シェアリングサービス大手の北京拝克洛克科技(ofo)が正念場を迎えている。昨年から海外への進出を進めてきたが、既に少なくとも7カ国・地域からの撤退が伝えられる。資金繰りの悪化により水面下で身売り交渉も進めてきたものの、実現には至っていない。10日付21世…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:もう20年以上前の話だ…(08/22)

台湾とエルサルバドルが断交 国交17カ国に、中国が金銭で圧力(08/22)

対中関税で価格上昇懸念、公聴会で反対意見噴出(08/22)

上半期2桁成長は貴州省のみ 各地GDP、伸びの鈍化傾向鮮明(08/22)

モバイル決済、2Qは73%増=人民銀(08/22)

中国当局が環境検査、台湾PCB各社に影響も(08/22)

電子サーテック、海外2社の買収を計画(08/22)

通貨チャットやや回復、再輸出の一時停止で(08/22)

米中貿易協議「期待せず」、トランプ氏(08/22)

タイヤの正新、EVタイヤで独ベンチャーと提携(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン