ofoが正念場、海外市場から相次ぎ撤退

中国自転車シェアリングサービス大手の北京拝克洛克科技(ofo)が正念場を迎えている。昨年から海外への進出を進めてきたが、既に少なくとも7カ国・地域からの撤退が伝えられる。資金繰りの悪化により水面下で身売り交渉も進めてきたものの、実現には至っていない。10日付21世…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

「軍民融合」を推進、習総書記が会議主宰(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン