ダム決壊の被災者支援、仮設住宅の建設進む

ラオス南部アタプー県サナムサイで、ダムの決壊で発生した洪水被災者のための仮設住宅の建設が進んでいる。8月上旬に建設を始めており、約2カ月での完成を予定している。ラオス・タイムズ(電子版)が伝えた。 決壊したダムの事業主体、セピアン・セナムノイ・パワーの出資企業…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都の商業地区が浸水、メコン川の水位上昇(08/21)

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン