中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ

韓国と中国で、産業の競合度が高まっている。ソウル経済新聞が現代経済研究院と共同で調べた、両国の競合度(ESI)は2000年の0.400から、16年は0.470に上昇した。ESIは1に近いほど、競合関係の度合いが強い。特に韓国の主要産業である自動車や石油化学製品などの分野が顕著…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(16:10)

テイクオフ:韓国で一般的に使われる…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

財閥トップ、文大統領と意見交換(01/16)

昨年12月の輸入物価指数、3.2%上昇(01/16)

生産可能人口の割合、08年以降最低に(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

現代・起亜自、最低賃金が労働問題に浮上(01/16)

公取委がトヨタに課徴金、広告で法違反か(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン