中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ

韓国と中国で、産業の競合度が高まっている。ソウル経済新聞が現代経済研究院と共同で調べた、両国の競合度(ESI)は2000年の0.400から、16年は0.470に上昇した。ESIは1に近いほど、競合関係の度合いが強い。特に韓国の主要産業である自動車や石油化学製品などの分野が顕著…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

韓国ボイラー企業が越に工場、来年稼働へ(09/25)

韓国系工業団地、染色規制の緩和を要望(09/25)

韓国の家電カッコウ、ベトナム市場に参入(09/25)

サムスンの新型スマホ、10月11日に発売(09/25)

哈工智能、韓国・現代重工業と合弁(09/25)

深セン華強、SKハイニックス代理店に出資(09/25)

韓国ポスコ、中部のガス火発に参画意欲(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン