• 印刷する

衣料ジャスパル、「LYN」の海外展開加速

「LYN」の店舗内の様子=9日、バンコク(NNA撮影)

「LYN」の店舗内の様子=9日、バンコク(NNA撮影)

タイの衣料大手ジャスパルのヨサテープ副社長は9日、2020年までにカジュアルファッションブランド「LYN」の海外店舗数を25~30店に増やす目標を明らかにした。洗練されたデザインと手頃な価格を前面に打ち出し、特にベトナムなど周辺国での展開を強化する。

ジャスパルは、来年中にLYNをベトナムに8~10店設置する。中国とフィリピン、インドネシアへの進出も計画している。LYNの店舗数は現在、国内で43店、ベトナムで5店、カンボジアで2店。ヨサテープ氏は「LYNは高いデザイン性や品質の割に1,500~3,000バーツ(約5,000~1万円)と手頃な価格が魅力」と述べ、高い経済成長を続けるベトナムなどで販売を伸ばすことに意気込みを示した。店舗の9割は独立店とし、残りは商業施設内に設ける。タイでは向こう5年以内に50~80店体制とする。

LYNは2001年に販売開始。バッグや靴、サングラスなどのアクセサリーを取り扱っている。今年の売上高見通しは20億バーツで、5年以内に25億バーツに増やす計画だ。


関連国・地域: タイ
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン