廃棄物発電TPIPP、840億円の社債発行

タイのセメント大手TPIポレン子会社で国内最大の廃棄物発電会社、TPIポレン・パワー(TPIPP)のウォラウィット副社長は、250億バーツ(約840億円)の社債を発行する計画を明らかにした。国内外の発電所開発の資金を調達する。9日付バンコクポストが報じた。 同社は国…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地理的表示品の販売、5年で1千億円へ(13:44)

テイクオフ:「観光名所までの往復料…(01/21)

19年の日系昇給率4.1%予測 業務効率化が急務に=NNA調査(01/21)

日産がタイでEV生産へ、海外で初(01/21)

空港高速鉄道入札、契約締結は来月以降に(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

タイ中鉄道第2区間、シビルが優先交渉権(01/21)

路線バス値上げ、国営企業政策委が中止命令(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン