教育受ける会社員が増加、労働時間短縮で

9日付毎日経済新聞によると、7月から労働時間が週52時間に短縮されたことを受け、教育機関で実務講座などを受講する会社員が急増しているという。 ソウル市内の職務教育専門機関であるラーニングスプーンズでは7月以降、全体の受講生に占める会社員の割合が以前の10%未満から…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(16:40)

訪朝した経済人が勉強会、サムスン副会長ら(16:43)

サムスンが7ナノ製品、最先端の露光技術で(17:14)

新メディアプラットフォーム、LGU+が発表(18:17)

テイクオフ:韓国のMBCラジオに「…(10/18)

サムスンが車載半導体に本腰 ドイツで独自ブランドを公開(10/18)

9月輸出額8.2%減、連休が影響(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

国内回帰企業への支援拡大、韓国政府(10/18)

韓国の競争力、世界で15位=WEF(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン