ワーフの18年中間期6割減益、分離上場響く

香港のコングロマリット、九龍倉集団(ワーフ)が9日発表した2018年6月中間期決算は、純利益が前年同期比66.1%減の28億6,000万HKドル(約403億7,000万円)だった。九龍倉置業地産投資(ワーフ・リアル・エステート・インベストメント、ワーフREIC)を昨年11月に分離上場(ス…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産運輸サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

高級タクシー導入、政府が条例案提出(04/23)

1~3月の失業率、12期横ばいの2.8%(04/23)

労工処の就職説明会、18年採用率は1.4%(04/23)

香港の出張費、2年連続でアジア首位に(04/23)

続落、休み前で静かな相場に=香港株式(04/23)

大湾区で保険アフターサービス、本土と交渉(04/23)

宝飾2社の1~3月期、改善進む(04/23)

辺境モール、免除のはずの賃料請求で紛糾(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン