CBA決算、金融危機以来初の4.8%減益

オーストラリアのコモンウェルス銀行(CBA)の2017/18年度(17年7月~18年6月)通期純利益が、92億3,000万豪ドル(約7,620億円)で前年比4.8%減となり、世界金融危機以降初の減益となった。資金洗浄など一連の不祥事に関する支出が響いた。9日付地元各紙が伝えた。 CBA…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(17:01)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(17:01)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

労働党、今年度内に休日手当引き下げ撤回へ(17:01)

コカ・コーラ、スタートアップ企業を支援(04/22)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン