2Q成長率は6.0%に減速 3年ぶり水準、輸入拡大で

フィリピン統計庁(PSA)が9日発表した2018年第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)は、前年同期比6.0%だった。前期の6.6%(改定値)から0.6ポイント低下し、3年ぶりの水準に減速した。内需は引き続き堅調で、官民の建設や設備投資の合計である…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンのトランスジ…(12/13)

【モバイル決済元年】グラブ参入で3強時代へ 1億人市場で覇権争い(12/13)

小売りへの外資参入障壁緩和、下院委が承認(12/13)

今年成長率は6.4%、ADBが予測据え置き(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

保険料収入、1~9月は18%増加(12/13)

商銀PNB、初のデジタル支店開業(12/13)

12日為替:$1=52.715ペソ(↑)(12/13)

アボイティス、水上太陽光発電施設を実験へ(12/13)

連邦制に向けた改憲案、下院を通過(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン