フアパンの新空港4割完成、ビル建設に着手

ベトナムと国境を接するラオス北東部フアパン県の公共事業・運輸局は、サムヌア郡ノンカンで建設中の新空港の工事進ちょく率が40%に達したと発表した。現在はターミナルと空港ビルの建設を進めている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 公共事業・運輸局の担当者…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

首都の商業地区が浸水、メコン川の水位上昇(08/21)

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン