• 印刷する

テイクオフ:「35歳以下の新婚カッ…

「35歳以下の新婚カップルに1,000リンギ(約2万7,000円)をプレゼント」――スランゴール州政府のこんなオファーが、SNS上の独身男女を騒がせている。

これは、マレーシア人、スランゴール州在住、初婚、結婚から1年以内、といった条件を満たせば、1,000リンギのお祝い金が支給されるという政策で、このたび34歳になる婚活中の友人にシェアしたところ、「今年中に相手を見つけて1,000リンギをゲットする」と息巻いていた。

ただ、ネット上では「たった1,000リンギ?」という声も散見される。たしかに当地では、千人規模の結婚披露宴も珍しくなく、1,000リンギでは1卓10人分の食事代がカバーできるかどうかというところ。結婚費用は15年のGST(消費税)導入を機に跳ね上がったとも聞く。GSTに代わる9月からの新税が新婚カップルの懐を直撃しないことを願う。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に住む友人に、クア…(08/14)

【アジアの果物流通最前線】高級ブドウ、市場定着目指す 「甘さ」「歯応え」「手軽」で訴求(08/14)

RM=26.9円、$=4.09RM(13日)(08/14)

7月の空港利用者、前年同月比2.2%増(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

トルコの空港株式、MAHBから取得提案(08/14)

JR北海道の割れにくい窓 マレーシア採用(08/14)

建材はSST免税、不動産価格低下に期待(08/14)

EPF、ポーランドのオフィスビルを買収(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン