JALUXと豊通、首都空港の運営契約延長

双日や日本航空が出資する商社JALUXと豊田通商は9日、ラオス公共事業・運輸省と同国の首都ビエンチャンにあるワッタイ国際空港の国際線ターミナル運営事業に関する契約延長に基本合意したと発表した。延長期間は2019年3月からの10年間となる。 JALUXと豊通は1999年、…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 運輸サービス


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地(12/10)

18年の観光客400万人に、誘致年も伸び悩む(12/10)

新たな治安維持相と中銀総裁、国会が承認(12/07)

アジアの19年昇給率5.4%に鈍化、NNA調査(12/07)

タイ輸出入銀行、ラオス事務所を正式開所(12/07)

政府、国連などと開発協力を協議(12/06)

中銀香港、中国銀からラオスの支店取得へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン