• 印刷する

テイクオフ:グルガオン(ハリヤナ州…

グルガオン(ハリヤナ州)から首都ニューデリーに向かう途中でよく、きらびやかな天秤棒を担いで歩くヒンズー教徒を見かけるようになった。聞けば、1カ月に及ぶ祭典「シバラトリ」が始まったのだという。

破壊と創造を司るシバ神に祈りをささげるお祭りだ。グルガオンから200キロメートル以上離れたヒンズー教の聖地、ハリドワル(ウッタラカンド州)まで行き、ガンジス川の「聖なる水」を汲んで、地元のシバ神をまつる寺まで運ぶ。10人ほどでチームを組み、行きは車で向かうのだが、戻りは徒歩で、交代で水を担ぎながら帰ってくる。家族や親類が戻ってくると、大音量の音楽と踊りで出迎えるのだそうだ。

「そんな何日も。仕事とか大丈夫なのかな」という疑問が頭をよぎり、すぐ我に返る。生産性度外視で伝統を貫く、踊り好きなインド人。輪廻があるなら、なってみたい。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

リーラコーエン、日本に就職相談窓口を設置(08/15)

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン