• 印刷する

テイクオフ:アジア大会開幕まで10…

アジア大会開幕まで10日を切った。ジャカルタの主要道路は歩道の拡張工事が完成し、一気に開放的になった。8日にはジャカルタ州政府が、大会に向けて新たに調達したバスなどをお披露目しており、大会間近だと実感させられる。

一方でインドネシアの友人や知人には、アジア大会への関心が薄い人が多い。試合や競技を見に行くかと聞くと、「サッカーは行きたい」という程度。公式サイトによると、サッカーのチケット代が7万5,000ルピア(約580円)から販売されている。野球は一律15万ルピア、開会式は75万ルピアからで結構値段に差がある。

友人の中では、アジア大会で「いかに稼げるか」という見方が多いようだ。海外の選手や観光客に対する通訳や観光ガイドなどは、かなり前から募集があった。こうしたたくましさをみると、日本とのお国柄の違いを感じる。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南スラウェシ州にもLRT敷設、4路線計画(21:46)

バイオ燃料B30、10月に走行試験が完了(21:45)

テイクオフ:インドネシアは既に女性…(04/22)

東南アジア主要6カ国に出店 3年以内に、菓子パンの八天堂(04/22)

チカラン校で第1回入学式 小中学部で計52人が入学・編入(04/22)

ブカシ県のセクター別最低賃金、8%上昇(04/22)

3月の自動車生産台数、0.8%増の11万台(04/22)

二輪車の3月販売台数、首位ホンダは11%増(04/22)

天然ゴム産業、今年は業績改善を予測(04/22)

リッポー、2億ドル調達でメイカルタ続行(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン