• 印刷する

テイクオフ:アジア大会開幕まで10…

アジア大会開幕まで10日を切った。ジャカルタの主要道路は歩道の拡張工事が完成し、一気に開放的になった。8日にはジャカルタ州政府が、大会に向けて新たに調達したバスなどをお披露目しており、大会間近だと実感させられる。

一方でインドネシアの友人や知人には、アジア大会への関心が薄い人が多い。試合や競技を見に行くかと聞くと、「サッカーは行きたい」という程度。公式サイトによると、サッカーのチケット代が7万5,000ルピア(約580円)から販売されている。野球は一律15万ルピア、開会式は75万ルピアからで結構値段に差がある。

友人の中では、アジア大会で「いかに稼げるか」という見方が多いようだ。海外の選手や観光客に対する通訳や観光ガイドなどは、かなり前から募集があった。こうしたたくましさをみると、日本とのお国柄の違いを感じる。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(16:46)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(16:22)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン