長春長生、14年からワクチン不正

中国国務院(中央政府)は6日、狂犬病ワクチンの製造や販売で不正を行った疑いのある長春長生生物科技(吉林省長春市)に関する調査結果を発表した。調査によると、2014年4月から製造工程で薬品GMP(適正製造規範)や国が定めた薬品基準などに関する規定違反を行っていたこと…

関連国・地域: 中国-吉林
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節の24日、北京の…(09/26)

乗車には早めの行動必要 広深港高鉄ルポ(09/26)

日本含む米以外の市場を開拓 追加関税に対抗、中国政府(09/26)

衣料ユニバーサル、PEが買収 オンライン販売を拡充へ(09/26)

広深港高鉄の年間乗客8千万人へ、広鉄集団(09/26)

中国との取引難しい、米高官「ひどい行為」(09/26)

女性スポーツウエアのLJ、中国に店舗進出(09/26)

香港発の本土団体旅行、4Qに3割増へ(09/26)

中国外相「覇権主義に反対」、米制裁けん制(09/26)

サーバー製造各社、中国から生産ライン移設も(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン