長春長生、14年からワクチン不正

中国国務院(中央政府)は6日、狂犬病ワクチンの製造や販売で不正を行った疑いのある長春長生生物科技(吉林省長春市)に関する調査結果を発表した。調査によると、2014年4月から製造工程で薬品GMP(適正製造規範)や国が定めた薬品基準などに関する規定違反を行っていたこと…

関連国・地域: 中国-吉林
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中央企業の賃金決定を柔軟に、新規定施行(16:43)

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

テイクオフ:広州市の中国茶販売店の…(01/17)

年度ボーナス平均7100元 前年から減少、景気減速を反映か(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

鉱工業生産の鈍化は「複合的要因」、工情省(01/17)

中国企業の海外投資、18年は4.2%増(01/17)

中央企業純利益、18年は1.2兆元で過去最高(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン