• 印刷する

テイクオフ:中国の高速鉄道は車掌が…

中国の高速鉄道は車掌が多い。在来線も同様なのだが、1編成ではなく、ほぼ1車両ごとに乗務している。自動券売機を導入し、改札を自動化してみても、なぜか車内では伝統の人海戦術を捨てきれないらしい。

で、どんなことをするかといえば、もっぱら受け持ち車両の通路にごみを捨てる不届き者に注意を与えたり、通路にはみ出した大きな荷物を取り締まったりといった仕事。他にもあるのかもしれないが、乗客に見えるのはそれくらい。先日乗った広州—深センの列車でも、1時間余りの行程をひたすら荷物の見回りに費やしていた。

中国自慢の高速鉄道を国内外にアピールする際、必ずといっていいほど登場するのが笑顔はじける女性車掌たち。ただ残念ながら実際には、荷物棚から数センチはみ出した荷物に目をつり上げて怒る彼女たちにしかお目にかかったことはない。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

星野リゾートが香港でPR 「重要な市場」、外国人利用増へ(10/18)

テイクオフ:知人の鉄道マニアと中国…(10/18)

海南自貿区の基本計画を発表 習主席肝いり、自由貿易港へ布石(10/18)

緯創が中国EV向け部品拡大、蔚来の出荷増で(10/18)

港珠澳大橋、23日に開通式典=香港報道(10/18)

企業分類の制度を緩和、増値税輸出還付(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

中国企業の海外投資、1~9月は5.1%増(10/18)

直接投資の受け入れ、上半期は中国が世界一(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン