鉄道に今年も8千億元を投資 予算拡大、インフラで景気下支え

中国の鉄道向け固定資産投資が今年も8,000億元(約13兆400億円)を超える見通しだ。政府が年初に計画していた7,320億元から投資額を積み増し、新型車両の導入や中西部の鉄道網整備を加速する。財政政策を積極化させ、インフラ投資で景気の下支えを図る共産党中央と国務院(中央政府…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンD、曲がる有機ELパネル工場稼働へ(14:59)

米をWTOに提訴、太陽光パネルの輸入制限(21:24)

7月のエネルギー生産、原炭は減産に転じる(18:52)

テイクオフ:チャットアプリ「微信(…(08/15)

【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

車載電池メーカーに淘汰の波 中小の資金繰り悪化、大手集約へ(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(08/15)

雲南省系企業、河川港の土地で商業施設着工(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン