• 印刷する

テイクオフ:「ちょっと、5ペソ(約…

「ちょっと、5ペソ(約11円)足りないよ!」とおばさんが怒る。コメと鶏肉が主な食材の軽食。120ペソだったはずが、4%強値上げしたらしい。ポケットを探っても小銭がない。顔なじみのよしみで5ペソまけてくれないか、と試しに聞くと、また怒る。

値上げの理由は詳細には教えてくれないが、おばさんは「どこもそうだろう」と、うんざりしたような顔をする。税制改革に原油高、経済成長といった要素が入り交じり、ドゥテルテ政権の絶大な人気をも揺るがす、物価上昇。公共交通機関の運賃、最低賃金などの引き上げを求める圧力も高まっているという。

7月の物価上昇率は前年同月比5.7%と過去5年で最高を記録。酒・たばこと食品・飲料、運輸で特に上昇率が高い。「食事を楽しみな!」と声を張り上げるおばさんの姿は悲壮感をみじんも感じさせないが、家計はどうだろうか。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スーダン政変、ICTSIの契約解除か(15:40)

グラブと財閥SM、スマホ決済提携が始動(15:18)

中国スマホのリアルミー、地場ECと提携(12:00)

成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

世銀がADBと支援すみ分けへ、比要請受け(04/26)

アヤラランド、国内初のREIT上場へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン