• 印刷する

ペナン州の交通ターミナル、10月に一部完成

マレーシア・ペナン州のバタワースで建設中の複合交通施設「ペナン・セントラル」の第1期工程が、今年10月に完了する見通しだ。同施設は鉄道やバス、フェリーなどのターミナルで構成する交通の一大拠点となる。スターが8日に伝えた。

同事業の投資額は27億リンギ(約737億円)。施設は10階建てで、マレーシア国鉄マレー鉄道(KTM)のバタワース駅、フェリーターミナル、バスやタクシー乗降場などのほか、切符販売施設や商店、飲食店などが設置される。面積は12.8ヘクタール。完成すれば、1日当たり約20万人の旅客に対応可能となり、駐車場には約900台を収容できるという。

同施設は地場不動産大手マレーシアン・リソーシズ・コープ(MRCB)が11年前から建設を進めているが、土地の確保などが難航し、完成がずれ込んでいた。MRCBのイムラン・サリム最高経営責任者(CEO)は7日、ペナン州のチョー・コンヨー州首相に対して「既に工程の9割は完成した。残りの作業は2~3カ月以内に完了する見通し」と報告。地元の政界関係者は「正式な声明ではないが、10月には営業を開始できるとの情報を受け取った」ことを明らかにした。

同施設の整備は周辺開発事業の中核的な位置付け。近隣では36階建ての高層オフィスビルや35階建てのホテルのほか、商業施設や集合住宅の建設も予定されている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「臭い」問題再び。一難…(12/11)

「サッカー熱」の争奪戦 スズキ杯決勝、チケット即完売(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

RM=27.0円、$=4.17RM(10日)(12/11)

ペナン空港の輸出貨物取扱量、18年は8%増(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

SLPリソーシズ、1100万リンギで生産増強(12/11)

カジノゲーム機器RGB、30%増益予想(12/11)

HSL、サラワク州の大規模インフラに照準(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン