• 印刷する

通信スマートのファンド、出前サイトに出資

カンボジアの携帯電話サービス大手スマート・アクシアタのファンドは、オンラインの料理宅配サービス「ナム24」に出資する。複数の地元メディアが8日伝えた。

スマートが運営する新興企業向けファンド、スマート・アクシアタ・デジタル・イノベーション・ファンド(SADIF)が出資する。ナム24は2016年に設立。現在は首都プノンペンと北西部シエムリアプで550以上の飲食店と提携するほか、生鮮食品を2時間以内に配達する「ナム24フレッシュ」も始動している。

ナム24のボリマ・チャン創業者兼最高経営責任者(CEO)は「SADIFからの出資で事業基盤を強化し、提携する飲食店網を拡充する」と述べた。

スマートは17年3月にSADIFを組成。500万米ドル(約5億5,700万円)の資金を活用し、地場IT系スタートアップの振興を図っている。これまでに電子商取引(EC)や物流ソリューションを手掛けるジョーナーク・デリバリー、金融ソフトウエア基盤を開発するモラコト・テクノロジーに出資した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

政府、1州5都市を産業開発優先区に指定(12/12)

人権NGO、縫製工場の生産ノルマに懸念(12/12)

公共事業省、水上タクシーの停泊駅増設へ(12/12)

フランチャイズ事業、法整備が必要(12/12)

首都―空港鉄道、片道運賃2.5ドルに(12/12)

財閥チップモンが新工場稼働 タイルなど製造、輸入品低減へ(12/11)

次期米国大使、民主・人権の拡大を強調(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン