住友ゴムが業績下方修正、中国でタイヤ販売苦戦

【共同】住友ゴム工業は7日、2018年12月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。中国でタイヤ販売が苦戦していることなどから、売上高は従来見通しの9,100億円から9,000億円に、純利益は480億円から430億円にそれぞれ引き下げた。 東京都内で記者会見した池田育嗣社長は、米…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

JICA、付加価値税セミナー開催(01/17)

輸出入検査局の機能縮小へ 2月にも通達、「二重行政」解消(01/17)

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

日本の話題作、台湾でも セガ台湾、台北ゲームショウ出展(01/17)

国交省、物流政策対話を開催(01/17)

2国間の税率約2倍の開き、グーグルの申告漏れ(01/17)

18年の訪日ベトナム人、39万人で記録更新(01/17)

訪日香港人の18年旅行支出、微増の15.4万円(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン