住友ゴムが業績下方修正、中国でタイヤ販売苦戦

【共同】住友ゴム工業は7日、2018年12月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。中国でタイヤ販売が苦戦していることなどから、売上高は従来見通しの9,100億円から9,000億円に、純利益は480億円から430億円にそれぞれ引き下げた。 東京都内で記者会見した池田育嗣社長は、米…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

NSW州LNG輸入、浮体式設備導入へ(18:15)

学習塾の京進、シドニーの英語学校を買収(18:15)

トヨタに賠償命令267億円、シートに問題(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(08/21)

「自主開発」実は米社技術、中国IT企業が謝罪(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン