住友ゴムが業績下方修正、中国でタイヤ販売苦戦

【共同】住友ゴム工業は7日、2018年12月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。中国でタイヤ販売が苦戦していることなどから、売上高は従来見通しの9,100億円から9,000億円に、純利益は480億円から430億円にそれぞれ引き下げた。 東京都内で記者会見した池田育嗣社長は、米…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中心部にある独立系映画…(10/24)

日欧がアジア投資で覚書、経済対話初会合(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

デサントが釜山研究所を開設 ランニング靴向け、競争力強化へ(10/24)

NECとサムスン電子、5G基地局で提携(10/24)

三菱UFJ、HCM市で過去最大の商談会(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

豪、政府調達の国際協定加入 世界17兆$市場に参入へ(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

旧三洋の従業員が記念集会、深セン改革開放40年(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン