• 印刷する

広汽ホンダ、SUV15.8万台をリコール

中国国家市場監督管理総局欠陥製品管理センターは6日、ホンダと広州汽車集団(広汽集団)の合弁自動車メーカーで、広州市に本拠を構える広汽本田汽車(広汽ホンダ)が、スポーツタイプ多目的車(SUV)「アヴァンシア(冠道)」の2017~18年モデル合わせて15万8,050台をリコール(回収・無償修理)する計画を届け出たと発表した。20日から開始する。

対象となるのはアヴァンシアの◇16年3月18日~18年6月27日に生産された17~18年モデルの「240ターボ」と「370ターボ」の計15万6,315台◇16年5月16日~18年7月24日に生産された17~18年モデルの「240ターボ」9万6,926台――となる。

このうちの15万6,315台は、マスターシリンダー内にブレーキフルード(ブレーキ液)が漏れ出す可能性がある。9万6,926台は設計上の問題から、長期にわたって低温下で走行した場合、エンジンが壊れる危険性がある。広汽ホンダはこれらに関する部品を無償で交換する。


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(01/18)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン