• 印刷する

首都で上水需要増、供給施設足りず

カンボジアのプノンペン水道公社(PPWSA)によると、首都プノンペンでは上水道への需要拡大と供給能力の不足で、適切に水道水を供給できない状況になっている。クメール・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

首都の上水道需要は1日当たり60万立方メートルだが、現在の供給能力は同56万立方メートルにとどまっている。シム・シタ局長は「現在はトラックを活用して水を供給している」と説明。供給能力を高めるため、大型の上水施設も建設する計画だ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

貿易・人権で国際機関と連携 首相が姿勢強調、EU制裁にらみ(10/24)

縫製協会、EUが制裁着手も「楽観」(10/24)

ムーディーズ、EU制裁なら格付け引下げも(10/24)

ポイペトに新空港、投資額5千万ドル(10/24)

エネルギーの効率使用を、環境相が訴え(10/24)

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発(10/24)

対トルコ貿易10億ドル目標、投資促進も(10/24)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン