軍系野党、ラカイン独立委の外国関与に抗議

ミャンマーの軍系野党、連邦団結発展党(USDP)は、大統領府が西部ラカイン州でのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を調査するために設けた独立委員会に対する反対を表明した。「外国勢の介入」を理由としている。電子メディアのイラワジが7日伝えた。 独立委員会は7月30…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(18:17)

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(17:32)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン