パイオニアが継続に疑義、決算短信に注記

【共同】パイオニアは6日に発表した2018年4~6月期決算短信に「継続企業の前提に重要な疑義が生じている」と注記した。18年3月期まで2年連続で連結純損益の赤字を計上しており、経営改善計画の具体化が遅れ、取引銀行から借入金借り換えの合意が得られていないためと説明して…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

世界幸福度調査、今年は順位落として80位(17:54)

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

日本とFTA交渉へ、米は農業・サービス開放迫る(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

「松屋」モスクワ初出店、5年で30店舗目標(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

食品輸入の環境改善へ、日越官民が意見交換(03/21)

トヨタ、工場跡地で水素生産 豪で初の水素補充施設に(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

銀座に認証食材のレストラン、東京五輪で注目(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン