パイオニアが継続に疑義、決算短信に注記

【共同】パイオニアは6日に発表した2018年4~6月期決算短信に「継続企業の前提に重要な疑義が生じている」と注記した。18年3月期まで2年連続で連結純損益の赤字を計上しており、経営改善計画の具体化が遅れ、取引銀行から借入金借り換えの合意が得られていないためと説明して…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地(12/10)

【書籍ランキング】11月22日~11月28日(12/10)

ハウス食品、越でカレー事業 「カレー元年」日系各社も続々と(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

パナ、マレーシア現法の開発力強化 新市場にらみ、新R&D拠点開所(12/10)

製造機器は日本ブランド信仰=ウズベキスタン(12/10)

ヤマハ、「ノザグランデ」19年モデル発売(12/10)

華為問題、中国が強く反発 カナダへの報復措置を示唆(12/10)

英BTが華為製品を排除、5Gの基幹分野で(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン