• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタのコンビニの…

ジャカルタのコンビニのレジで並んでいると、ぬいぐるみと目が合った。アジア大会のマスコットだ。ほかにも水筒やトートバッグ、弁当箱など、関連グッズが陳列されている。

数カ月前までは、公共施設のみが「アジア大会一色」という印象だった。小売業者協会も官民の連携が足りないと憤っていたはずだが、最近はアジア大会のバナーを掲げる飲食店や小売店も目立ってきた。このコンビニでは先月から大会関連グッズを販売しているという。

ご多分に漏れず会計の待ち時間は長い。待っている間にぬいぐるみを見ていると、なかなかかわいらしく思えてくる。売り手の術中にはまったようでなんとなく悔しいが、一時帰国時の土産としてトランクに詰め込むことになるかもしれない。このぬいぐるみを「インドネシア土産」として渡された友人の困惑する顔が目に浮かぶ。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/19)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/19)

タックスホリデー8社に付与、財務相発表(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン