• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタのコンビニの…

ジャカルタのコンビニのレジで並んでいると、ぬいぐるみと目が合った。アジア大会のマスコットだ。ほかにも水筒やトートバッグ、弁当箱など、関連グッズが陳列されている。

数カ月前までは、公共施設のみが「アジア大会一色」という印象だった。小売業者協会も官民の連携が足りないと憤っていたはずだが、最近はアジア大会のバナーを掲げる飲食店や小売店も目立ってきた。このコンビニでは先月から大会関連グッズを販売しているという。

ご多分に漏れず会計の待ち時間は長い。待っている間にぬいぐるみを見ていると、なかなかかわいらしく思えてくる。売り手の術中にはまったようでなんとなく悔しいが、一時帰国時の土産としてトランクに詰め込むことになるかもしれない。このぬいぐるみを「インドネシア土産」として渡された友人の困惑する顔が目に浮かぶ。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:道の真ん中や商業施設の…(03/26)

【この人に聞く】YKKAP、品質と価格両立 新社長、ジャワ島外に販路拡大へ(03/26)

首都州議会、MRTとLRTの運賃決定(03/26)

配車アプリ二輪タクシー、運賃が決定(03/26)

MRT駅にアルファマートやローソン開店へ(03/26)

バンドン高速鉄道、土地買収94%完了(03/26)

A&D、首都の駐在員事務所を閉鎖(03/26)

「マールボロ」などを日本に初輸出(03/26)

ブキット・アサム、今年は高品位炭を増産(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン