車部品業界、物品サービス税の引き下げ要望

インド自動車部品製造協会(ACMA)は6日、政府に対して自動車部品の物品・サービス税(GST)率を一律18%に設定するよう要請した。PTI通信が伝えた。 ニーマル・ミンダ会長によると、現行制度では自動車部品の4割に28%の税率が課されている。残りの6割は18%。ミン…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:街のあちこちで、インド…(08/20)

鉄鋼大手、1Qは2桁減益 年度後半は需要増で回復見通し(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

住友化学、インド国営石油とライセンス提携(08/20)

アショク、賞与交渉で従業員1800人がスト(08/20)

マヒンドラが非正規社員削減、4月以降1500人(08/20)

苦境の車販売店、ステイト銀が融資期間延長(08/20)

米テスラなど3社、バッテリー工場整備に関心(08/20)

公営EESLと病院アポロ、EV充電で提携(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン