【人事管理指南】第66回・最低賃金の日韓比較

雇用労働省(日本の厚生労働省に当たる)は今月3日、来年1月1日からの最低賃金の時給を2年連続1桁伸びの10.9%増の8,350ウォン(約835円)と確定し、告示しました。先月中旬の最低賃金委員会の議決に対する韓国経営者総協会、中小企業中央会、小商工人連合会からの再審議要…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまで盛んに行われた…(08/20)

韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(08/20)

アップル、韓国で32万人の雇用創出(08/20)

LGディスプレー、上期R&Dが過去最大(08/20)

造船各社、高付加価値船を相次ぎ受注(08/20)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン