宝飾品の輸出、日米欧向け回復で上期プラス

宝飾品の研究開発(R&D)や振興事業を手掛けるタイ宝石・宝飾品機関(GIT)は、今年上半期(1~6月)の宝飾品の輸出額は前年同期比0.6%増だったと発表した。主要市場である日本、米国、欧州向けが回復しており、通年でもプラスと予測した。7日付ポストトゥデーが報じた。…

関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク市内での移動は…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月輸出19カ月ぶり減、貿易摩擦で減速見込(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

建設工事TECの持株会社、MAI上場へ(10/24)

接着剤シーリク、ラベル製造2社の買収計画(10/24)

1~9月の二輪登録台数、2%減の137万台(10/24)

スバル、ラクラバンの新工場が来年完成(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン