NEGの電気代削減効果「実際は半額以下」

オーストラリア連邦政府が先に各州・準州政府に提示した新エネルギー政策「ナショナル・エネルギー・ギャランティー(NEG)」最終案の中で、同政策導入により世帯の電気料金が年550豪ドル(約4万5,300円)低下すると試算していることについて、アナリストらの間では、実際の世…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでふと気…(09/16)

トランスボーダーEが覚書締結 大阪ガスとLNG関連情報共有で(09/16)

再生エネ投資は世界的高水準=エネ相が反論(09/16)

太平洋への投資、今が好機=豪政府(09/16)

豪製ロゴ使用認可の遅れ、サプリ業界が懸念(09/16)

豪の失業手当受給者、貧困率が急増(09/16)

ホワイトヘイブン、QLD炭鉱計画に食指(09/16)

資源業界がFWC新規則に反発、法的措置も(09/16)

超低金利、原因はベビーブーマーに=準備銀(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン