• 印刷する

8月の投資家信頼感、2カ月連続で改善

タイ資本市場協会連盟(FETCO)は6日、7月末に実施した株式市場に関する調査で、向こう3カ月(8~10月)の投資家信頼感指数(ICI、0~200で高いほど楽観)が108.11となり、前月末調査の101.33から上昇したと発表した。指数は2カ月連続で改善し、4カ月連続で「中立(80超120以下)」の水準となった。

国内経済の成長持続、資金流出の鈍化、上場企業の業績が指数を押し上げた。一方で、一部の投資家は、資金流出や貿易戦争への懸念を示し、タイの金融政策を注視している。

投資主体別では、個人投資家が86.77から84.64に低下し、水準は6月末調査に引き続き中立だった。証券会社の自己売買部門は83.33から100.00に、国内機関投資家は88.89から100.00に上昇し、それぞれ水準は引き続き中立。外国人投資家は133.33から150.00へ上がり、水準も引き続き「楽観(120超160以下)」だった。

最も魅力的な投資先は「銀行」、最も魅力がない投資先は「鉄鋼」だった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 鉄鋼・金属金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12月は一年で最も素晴…(12/12)

美的集団、エアコン投入強化 トップ3目指し日系市場に攻勢(12/12)

政党の活動解禁、民政移管の総選挙へ始動(12/12)

タイ政治を巡る動き(12/12)

エキスポの受注台数11%増、4年ぶり4万台(12/12)

マツダの11月販売、19%増の5954台(12/12)

田中精密工業、タイ工場の省力化に13億円(12/12)

EAのEV充電スタンド、年内200カ所見込(12/12)

19年の新車販売、100万台超え予測=業界(12/12)

発電TPC、廃棄物発電事業を強化へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン