• 印刷する

テイクオフ:いつもは穏やかに迎える…

いつもは穏やかに迎えるはずの週末が、一転して慌ただしい時間に変わった。ファウンドリー世界最大手のTSMCの工場が、コンピューターウイルスに襲われる事態が発生。日曜日に開いた地元紙には、同社初というウイルス感染事件と、その被害額を伝える見出しが躍った。

ウイルス対策では万全の体制を期していると思われただけに、台湾企業に与えた影響は大きい。TSMCの動きを伝えるニュースに、こちらも目が離せず、生産ラインが全面復旧した6日の夕刻には、魏哲家総裁自らがメディアの前で説明を行った。

創業者で、「半導体の父」と称された張忠謀氏が引退して2カ月。新執行部となって初の大きなニュースが、身代金要求型のウイルス感染だったのはやや意外。とはいえ情報セキュリティーの問題については、企業の規模は関係ないことを改めて思い知らされた事件でもあった。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年の最低賃金2.31万元に 時給は150元、労働側「容認できず」(08/17)

研華、工作機械の永進機械と合弁設立(08/17)

TSMCの南科3ナノ工場、環境アセス初審通過(08/17)

鴻海2Q減益に6つの原因=アナリスト(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

産業用PCの神基、通年売上高は2桁増へ(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

CCL3社が生産拡大、台燿は新竹工場増強(08/17)

広達や可成など、アップルAR分野で恩恵か(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン