人民元が対ドル反発、元安抑制策が一定効果

【上海共同】6日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで反発し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が、前週末比0.29%高い1ドル=6.8420元となった。中国人民銀行(中央銀)が導入した元安抑制策が一定程度効果を上げた。 序盤はドル売り元買いの動きが強く、…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米国大使に厳重抗議、華為問題で中国外務省(12:34)

SKCが中国に合弁、酸化プロピレンを生産(12:44)

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

テイクオフ:来年の祝日カレンダーが…(12/10)

製造機器は日本ブランド信仰=ウズベキスタン(12/10)

中国からiPhone組み立て移管 台湾大手がバタムに、誘致推進へ(12/10)

香港初のEV旗艦工場設置へ 経済団体提案、ブランド創設も(12/10)

華為問題、中国が強く反発 カナダへの報復措置を示唆(12/10)

豪州、世界最大LNG輸出国に イクシスが貢献、カタール抜く(12/10)

制裁違反で虚偽説明疑い、ファーウェイ副会長(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン