• 印刷する

日本車メーカー4社、豪で2桁以上成長

日本車メーカー4社(トヨタ、ホンダ、日産、三菱自動車)のオーストラリア事業が、2017/18年度通期(3月期)決算で 純利益がそれぞれ2桁以上の成長となっていたことが分かった。トヨタの純利益は前年度比38%増となり、ホンダが同22%増だった。また、日産は3倍以上の増益で、同社とアライアンスを組む三菱自動車は72%増だった。2017年の販売台数も大きく伸び、オーストラリアの市場をリードしている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリア事業では、トヨタの純利益が1億3,700万豪ドル(約113億円)となったほか、◆ホンダ:4,410万豪ドル◆日産:3,510万豪ドル◆三菱自動車:550万豪ドル――だった。マツダはオーストラリア事業について、これまでのところ決算内容を提出していないという。

また、オーストラリア市場全体での2017年の販売台数は、トヨタが21万6,566台と最も多く前年比4%増となった。マツダが11万6,349台と続き、三菱自動車(8万654台)と日産(5万6,594台)がそれぞれ5位と8位だった。

世界的にピックアップトラック(UTE)の販売が好調の中、トヨタ「ハイラックス」は2017年以降、オーストラリアで最も人気の車種となっている。UTEでは、フォード「レンジャー」のほか、三菱自動車「トライトン」もオーストラリアで好調な販売を続けている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(17:01)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(17:01)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

労働党、今年度内に休日手当引き下げ撤回へ(17:01)

コカ・コーラ、スタートアップ企業を支援(04/22)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン