• 印刷する

創興銀行、大湾区攻勢へ「仮想銀行」検討

香港の創興銀行の宗建新・最高経営責任者(CEO)は、実店舗を持たずに、個人や企業に向けて全方位的な金融サービスを提供する銀行「仮想銀行(バーチャルバンク)」の免許申請を検討していると明かした。「テクノロジーの応用によって、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想『粤港澳大湾区』エリアの顧客、特に中国本土から香港を訪れる顧客の商機をつかみたい」と語った。6日付香港経済日報などが伝えた。

同行は、テクノロジー分野への投資に力を入れている。2015年以降、約10億HKドル(約142億円)を投じ、システムの更新やデジタル化を推進してきた。宗氏は「システムの更新は最大の投資だ。将来的なコスト低減につながる」と述べた。

今後の事業発展への足固めとして、積極的なリスク対応策も講じていると説明。米中貿易摩擦に関しては、企業顧客への貸出状況の精査を月内に終え、影響の程度に応じて貸出ポートフォリオを見直す方針を示した。貿易摩擦が業務に影響している香港の顧客はごく一部にとどまっている現状も紹介した。


関連国・地域: 中国香港マカオ米国
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

香港エクス、香港―長崎線を来年1月就航へ(18:18)

大橋開通日の発表遅く、越境バスが準備不足(18:13)

テイクオフ:ビールを片手に、手すり…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

香港長官、独立派容認せず=言論の自由無関係(10/22)

7~9月の失業率、6期横ばいの2.8%(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

反発、主力銘柄に買い=香港株式(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン