• 印刷する

仏サノフィが投資拡大、新工場や製品に

仏製薬大手サノフィがインドで投資を拡大している。複数の新製品を投入するほか、35億ルピー(約56億6,500万円)を投じてインスリンカートリッジ製剤の製造施設を建設している。ビジネス・スタンダードが6日伝えた。

現地法人サノフィ・インディアのラジャラム社長が明らかにした。発売する製品はアトピー性皮膚炎、糖尿病、多発性硬化症の治療薬で、新工場の場所や完工時期などには言及しなかった。

グループ全体に占めるインド事業の売上高は約1%と小さいが、サノフィは新興国の中でインドを重要市場に位置付けている。医療用医薬品、一般用医薬品、ワクチン、輸出を含めた2017年の売上高は350億ルピー。各分野で9~12%の成長を見込む。

サノフィはインドで60年以上にわたり活動してきた。09年には南部ハイデラバードを拠点とするシャンタ・バイオテクニクスを400億ルピーで買収した。12年から現在までの投資額は総額180億ルピーに上るという。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の大家は大のハ…(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

電動二輪開発の新興企業、来年の発売目指す(10/16)

EVなどの課題解決、MGが有望な12社選定(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの生産能力増強へ(10/16)

セメント価格、半年で10%上昇見通し(10/16)

9月の卸売物価は5.13%上昇、前月から加速(10/16)

8月の鉱工業生産指数、4.3%上昇(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン