• 印刷する

テイクオフ:インドネシア人が写真を…

インドネシア人が写真を撮られることが好きなのはよく知られている。商業施設では、家族連れだけでなく、カップルから友人同士、まれにお一人様までスマホで自撮りしている姿を見かける。これまでカメラを向けて嫌な顔をされたことは、撮影禁止場所以外で遭遇したことがない。

先ごろ開幕したオートショーでも、プロだけでなく、一般の来場者が写真を撮影していた。スポーツカーに乗り込んだ姿をパチリ、未来的なコンセプトカーを前にパチリ、会場の入り口前でもパチリと、写真を撮り撮られる様子を目の当たりにする。

もちろんコンパニオンも例外でない。車の横に立てば、カメラ小僧に撮られてもニコリ。おっさんとツーショットでもニコリ。プロだと感心していると、車の陰でコンパニオン同士で記念写真を撮りあっていた。やはり写真撮られ好きなんだと納得。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン