• 印刷する

テイクオフ:インドネシア人が写真を…

インドネシア人が写真を撮られることが好きなのはよく知られている。商業施設では、家族連れだけでなく、カップルから友人同士、まれにお一人様までスマホで自撮りしている姿を見かける。これまでカメラを向けて嫌な顔をされたことは、撮影禁止場所以外で遭遇したことがない。

先ごろ開幕したオートショーでも、プロだけでなく、一般の来場者が写真を撮影していた。スポーツカーに乗り込んだ姿をパチリ、未来的なコンセプトカーを前にパチリ、会場の入り口前でもパチリと、写真を撮り撮られる様子を目の当たりにする。

もちろんコンパニオンも例外でない。車の横に立てば、カメラ小僧に撮られてもニコリ。おっさんとツーショットでもニコリ。プロだと感心していると、車の陰でコンパニオン同士で記念写真を撮りあっていた。やはり写真撮られ好きなんだと納得。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

テイクオフ:2億人近い有権者が一斉…(04/18)

ジョコウィ氏が再選確実 大統領選、得票率5割超でリード(04/18)

国会議員選、闘争民主党の第1党がほぼ確実(04/18)

インドネシアの主な政党(04/18)

史上初の同日選は混乱なし、首都南の投票所(04/18)

シティリンク、マレーシア進出計画を否定(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン